原生代の背景や縞状鉄鉱年代などについて授業

原生代などについて実践をしました。約19億時世前には有力大陸集会が1ケ所に入り込み超大陸をつくりました。こういう最初の超大陸は17億時世前までに再度複数の大陸集会に分解しました。12億時世前には次の超大陸が形成され、7億時世昔位まてに分解しました。このように、有力大陸集会は人数億年ごとに離合集散をくり返し、間欠みたいに超大陸をの制定と分解が行われてきました。こういう大陸の離合集散は現在も続いている。地球登場以後引き続き酸素をぜんぜん含まない状態にあった空気および海水は、太古代末になってアニマルによる光合成が受け取れるようになると、酸素を盛り込むものに入れ代わりはじめました。その結果、海水中に溶けていた鉄イオンは酸素と結合し、酸化鉄が大量に海底に堆積して縞状鉄鉱層を形成しました。我々が実用講じる鉄は、ほとんどが原生代初期に集中的に堆積した縞状鉄鉱年代の酸化鉄を多く取り込むパーツから掘り起こししたものです。西オーストラリアやカナダの大量な鉄鉱階層はその代表サンプルだ。何とも勉強になりました。

原生代の背景や縞状鉄鉱年代などについて授業